Poco a poco

「少しずつ」だけど確実に――日々前進★pocoの就活(シュウカツ)日記―
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
選択肢
の多いことは、恵まれている証拠。

例えば、
職業の選択肢や、学校の選択肢など。

「私には○○しか行く先がない!」って思うより、
「どこにしよう〜」と色々悩めるだけ幸せだ、
ということ。
事情によっては、選択肢がもとから存在しない場合もあるし。

困るのは、
御飯(特に外食)の選択肢が多い場合。
「焼肉とお寿司とイタリアン、どれにしよう〜」
なんて、考えれば考える程、どーでもよくなり
じゃんけんで決めてしまったりする。

ほら、よくお母さんが
晩御飯何食べたいかを子供に尋ね、
「“何でもいい”が一番困るのよ!」
なんて言ってたじゃない?笑

あと、
恋人の選択肢が多いのは、
一見恵まれてそうに見えて、
実は寂しい人なんじゃないか、と。

「クリスマス、AちゃんとBちゃんとCちゃん誰と過ごそう〜?」
なんて悩みより、
「俺には○○子しかいないんだ!」
っていう人の方が、幸せっぽい。

コンビニは、商品の選択肢が少ないからすごく便利。
迷う必要がないから。
でも、コンビ二で買った商品に、あなたは満足する?
その後もずっと使う?

いま、リクナビとか毎ナビとかいろんなサイト見て、
いろいろ企業検索してるんだけど、
世の中にはすごく会社が多くて、迷う〜(@_"@)
業界も職種も・・・

でも、これって、
「幸せな悩み」のうちなんじゃないかなぁ・・・
って思ったのでした。

最近ミクシィばっかでご無沙汰でしたが、
シュウカツブログなんだから、就活のことも書かにゃ〜
 。
 ▲
(・e-)<Merry Christmas☆★

Poco
| poco-nyang | 思うこと。 | comments(13) | trackbacks(133) |
ゴムパッキンへの愛
ゴムパッキンを作っている会社の企業案内です。

≪愛してる―――オレのゴムパッキン≫【作詞・作曲/技術者 須々田】

ツヤのある、丸みを帯びたボディライン・・・
どんな環境でも、じっと耐えてくれる強さ・・・
あの場所に、ピッタリと寄り添うフィット感・・・

あぁ――――オレの作った【ゴムパッキン】!!

今日、クライアントのもとへと旅立ってしまうのか?
オレのもとを離れても、しっかりと仕事ができるように、
摩擦耐性の強い素材と、熱耐性の強い素材を混ぜ合わせたんだぜ・・・
ほこりにまみれた自動車エンジンの中で、オイル漏れを防いでいるキミ。
その美しい姿はそのままで、どうかそのままで・・・

(セリフ)
だけど、もし、キミが1滴でもオイルをこぼしてしまったら
いつでもオレのもとへ帰ってこいよ。
オイルなんかぬぐって、もっとキミを【仕事がデキるゴムパッキン】に
仕立てあげてみせる!
そう、クライアントに伝えておくぜ!

≪自分の作った製品を愛する気持ちは、誰にも負けない≫。そんな技術者だらけです。
株式会社サンライト
en japanで企業検索してる時に見つけましたw
隣にはゴムパッキンを熱い眼差しで見つめてる須々田さんの写真が・・・
ヤバイ、ツボだ この会社(笑)うすた○介の漫画に出てきそうww

やっぱり、モノ作りに関わる者としては、製品にこれくらいの愛情を注がなくては。腹(頭?)を痛めて生まれた子供だからね!

【理系専攻の方】って制限が無ければエントリーしたかもしれないのに・・・
惜しいなぁ〜


(・e・)
Poco
| poco-nyang | 企業のこと。 | comments(0) | trackbacks(0) |
夜更かし。(駄文)
例によって夜更かし。
怖いね〜パソは・・・((゚Д゚))お肌の敵よっ!
ネット徘徊してたら、見つけました☆

たらこキューピー行進篇」キューピーCMより

このCMを一度見たら、脳裏に焼きついて離れない・・・
た〜らこ〜 た〜らこ〜♪
恐るべし、たらこキューピーちゃん。

もひとつ、どーでもいいことだけど、
最近TVに雑誌に引っ張りだこの“弘道おにいさん”
誰かに似ていると思ったら・・・

元・ア○マル梯団のおさるじゃない方に似てませんか?
ほら、三原じゅんこと結婚したあの・・・


| poco-nyang | - | comments(0) | trackbacks(0) |
no title
20051126_54155.jpg
いつからだろう?
他人の目を真っ直ぐ見れなくなったのは

いつからだろう?
心の底から“楽しい”と思わなくなったのは




傷つきたくないが故に
学んだこと

これが「大人になる」って事なのかもしれないけど。 


ガーベラを見てると心癒される

私はもっと“素直”になりたい

| poco-nyang | 携帯から。 | comments(2) | trackbacks(0) |
道が見えてきた。
ここは本来、シュウカツブログなはずなので、就職のことについて書きたいと思います。

私は、迷ってました・・・
2005年夏までの目標は、出版社に入って、雑誌の編集に携わりたい!でしたが、
最近、自分は出版社に向いていないのではないか、
もっと他にやりたいことがあるのではないか・・・と考え初めてきたためです。
なぜなら、雑誌を読むのは好きだけど、大学のレポートなど、期限が決めれられたものを書くのが苦痛で苦痛で・・・
レポートのテーマが自分の興味と合致するときはまだマシですが、全く興味の無い物を書かなくてはならない時は、ストレスで鬱になるほど。
これは、方向転換が必要かも・・・?

●○Thinking Time○●

「これからの日本において、何が必要とされているのか?」
「私にできることは何だろう??」
と、考えてみたところ、大きなテーマは
癒し。

現代社会は、皆ストレスでピリピリしている・・・
社会人のみならず、主婦や小学生までもストレスを感じる時代。

そこで、考えたのは、

●アロマセラピーやカラーセラピー
→働く女性をターゲットにできそうだけど、果たしてビジネスとして成り立っているのだろうか?

●温泉や整体などのサービス業
→利用客は確かに癒されるが、社員は相当な体力を使いそう・・・

●食品や家庭用製品などの製造業
→自分が製作に関わった製品で人々を癒せることができたら、それは私にとって最大の喜び!

もともと、モノ作りは好きなんです。
雑誌が一番、自分の能力が生かせるのではないか、と考えていたのですが、もっと可能性は他にもあるんじゃないかと…
ちなみに、今、最大の癒しツールとして考えているのはチョコレートです。

就職サイトなどを見て、もう少しじっくり探してみます。
en japanの自己分析ツール、MY VALUEを受験してみたけど、良かったよ☆


よーし!行動、開始。


(`・e・´)
Poco
| poco-nyang | 就活のこと。 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>